リフォームプランナーブログ
Blog

マンションを救った”気づき”

2018年11月09日(金)

ブログの当番が回ってくると、悩むのが書き出し。

ネタはあるんです。施工現場にはそれぞれの物語がありますから。

○○の花が咲いた、こんな雲が出ていた、季節を感じられる軽~い話題が欲しいんです。



アイキャッチ画像にも、花や空があったら素敵だな、

何か良いものないかしら、と通勤途中に探すようになりました。

港北区でキョロキョロしている変なオジサンを見かけたら、私かも知れません(笑)




今回は偶然見つかった腐食配管のお話です。

浴室リフォームの打合せで出た「洗面台のお湯の量が少ない」とのお悩み。


キッチンや浴室の湯量は充分。

洗面台下の収納内に頭を入れて、配管の途中に水栓を設置して検証すると、

その水栓からの湯量は足りません。




・・ということで、洗面脱衣室の床下で分岐している配管のうち、

洗面台への給湯配管の劣化と診断しました。



浴室工事の着工時に配管を確認してみると、

取り外した給湯配管の一部

取り外した給湯配管の一部




























悪さをしていたのは配管内にも浸食しているサビでした。

その原因は、異なる金属で接続されていた配管。

新築時に銅管と鉄管を繋いでおり、「濃淡電池作用」を起こしていました。

電位の違う二つの金属が接触すると一方の金属の腐食(サビ)が進みます。




これは建物全体の安全に関わることなので、お施主さまが管理会社へ報告し、

次回の理事会で発表されるようです。

お施主さまの気づきが、マンション全体の安全を守りました。




マンションを漏水事故から救ったN様の施工事例はコチラ!

↓↓↓↓

設備のSOSサイン


0.75坪 システムバス工事は118万円でした。 



横浜市 港北区都筑区リフォームはゴーイング・グリーンへ!

https://goinggreen-reform.com/

トップへ戻る