リフォームプランナーブログ
Blog

なぜリフォームをするの?

2019年11月29日(金)

リフォームの動機はさまざま。

毎年国土交通省が、リフォームの動機を調査しています。

断トツは「住宅の老朽化」

毎年45%以上の方が動機として挙げています。


過去のトップ3はこんな感じ。

①住宅がいたんだり汚れたりしていた

②台所・浴室・給湯器などの設備が不十分だった

③家を長持ちさせるため



以前に先輩から、リフォームとは「不」を減らす仕事と教わりました。

お客様の住まいに対する不満、不安、不快、不便・・

お客様がはっきり感じている「不」と、うすうす気づいている「不」を

解消して差し上げましょうと頑張ってきました。



ところがここ数年で動機の②と③で順位が入れ替わり、

このところ上昇しているのは、

「長持ちさせるため」と「よい住宅にする」だそうです。

大きな「不」はなくても、リフォームをされる方が増えているということ。

動機が「不の解消」から「前向きな改修」に変わってきているのでしょう。



確かに当社にいただくご相談も、

「別に壊れている訳でもないけど、こんな●●にしたい!」

という方が増えているように感じます。



動機の5%程度は「家族人数が変わったため」ですって。

その5%、K様邸の施工事例をアップしました。

↓↓ ↓↓

主役は生後3か月



 

横浜市 港北区都筑区リフォームはゴーイング・グリーンへ!

https://goinggreen-reform.com/

トップへ戻る