リフォームプランナーブログ
Blog

親孝行ポイント

2020年02月28日(金)

築25年を超え、浴室の壁の傷みが気になってきたT様邸。

次世代住宅ポイントを有効に使って浴室工事を承りました。


今回の工事では、6つの項目がポイント申請の該当になります。


「住宅設備の設置」は以下の3項目。

・高断熱浴槽:24,000P ・節湯水栓:4,000P

・高効率給湯器(エコジョーズ):24,000P


「バリアフリー改修」も同じく3項目

・手すりの設置:5,000P ・段差の解消:6,000P

・廊下幅の拡張(浴室入口):28,000P


合計91,000Pを申請して、普段よりおトクな工事となりました。


でもお伝えしたいのは、次世代住宅ポイントではありません。

T様は、同居する80代のご両親のためのシステムバスを選んでいたのです。


手すりを兼ねたシャワーバーは、浴槽の出入り+立ち座りをサポートします。

dsc_0005-1


水栓はお年寄りにも使いやすいリングハンドル。

dsc_0005


浴室の入口はバリアフリーに。

%e7%84%a1%e9%a1%8c


畳のようなやわらかさの「ほっカラリ床」ですべりにくく。

yuka


数字には表すことができない「親孝行ポイント」があちらこちらに。


お引渡しで「いいね!」「すごいね!」と喜ぶご両親を見て・・

親不孝ポイントが貯まっているスタッフMは

その日の夜、実家の親に電話したのでした。

「おぉ何だ。珍しいな!」ですって。




 

横浜市 港北区都筑区リフォームはゴーイング・グリーンへ!

トップへ戻る