リフォームプランナーブログ
Blog

ミーティングルーム リフォーム ~壁~

2020年06月12日(金)

弊社ミーティングルームのリフォーム工事。

前回ご紹介したのは間仕切り壁でしたが

引き続き〝壁〟についてご紹介します。




先ずは 腰壁の高さに見切り材を設置して

%e2%98%85dsc_0010-1




その下に腰壁を張っていきます。

実はこの腰壁、羽目板ではなく

プリント合板を使用しています。

%e2%98%85dsc_0007-3




見切り材と共に上から塗装をするので

腰壁材はコストカット。

天井と同じ白色の塗装を刷毛塗りしたのがこちら。

%e2%98%85dsc_0018-3


雰囲気を出すために敢えてラフな仕上げを目指しました。

%e2%98%85dsc_0004-4






腰壁上は日本エムテクスの『エッグウォール』を採用。

壁紙というよりも 塗壁に見えるこの壁は

食品加工で不要となった卵殻をパウダー化して

紙の上に吹き付けた自然素材クロスです。



調湿実験では エッグウォールを設置した

箱内の湿度は 60分後に60%に低下。

珪藻土などの塗壁と同等の調湿性能があります。



3


【メリット】

・調湿効果

・消臭効果

・塗り壁のような質感



【デメリット】

・汚れが付着しやすい

・継ぎ目が目立ちやすい

   ↓↓↓↓↓↓

消しゴムやスポンジで汚れを落としたり、

補修用の専用チョーク(白系)で

継ぎ目を目立たなくする対応は可能です。



variation_04

今回使用したエッグパルプ


住宅でも採用が多く 自然派の方にはおススメです。

お値段はシリーズによって異なりますが

塗壁と比較すると費用を抑えられます。

サンプルの取り寄せもできるので、現物確認と

メリット・デメリットを把握した上で

採用を決めると良いと思います。





%e2%98%85dsc_0014-2


ミーティングルームでの使用に関しては

今のところ 良かったと思っています。

また 経年でどう変わっていくのか、

何か気付いた点などがあれば、

ブログ内に追記していきたいと思います。






最後に 垂れ壁について

ミーティングルームにはもともと天井に

2種類のスピーカーが設置されていました。

一つは現在使用していない社内スピーカー。

今後も使用することはなさそうなので、迷わず撤去。

そしてもうひとつは音響調整スピーカー4台。

%e2%98%85dsc_0034-5




この音響調整スピーカーはミーティングルームと

隣接するメインブリッジで使用。

スピーカーから発生する特殊サウンドによって

隣室からの会話内容を聞き取りにくくする

サウンド コンディショニング システムを採用しています。





ですが、あらわし天井になったことで、

行き場を失ってしまったスピーカーたち…。





音響システムのメーカーに確認したところ、

元の位置にぶら下げても効果はゼロに。

仕切り壁の側面に設置した方が効果は見込めるとのこと。



%e2%98%85dsc_0001-2


2室間に新たに設置した垂れ壁に移動して

パーティション上部にキレイに納まりました。

実際に効果を検証したところ 殆ど音は聞こえません。

垂れ壁の設置で良かった感じです♪







横浜市 港北区都筑区リフォームはゴーイング・グリーンへ!

https://goinggreenform.com/



トップへ戻る