• ゴーイング・グリーン
  • 施工事例
  • インタビュー
  • スタッフブログ
  • ゴーイング・グリーンの考え方
  • 会社概要

施工事例
Case

昭和の台所が平成のキッチンに華麗に変身

After:ご希望のLIXIL リシェルSiと造作家具で仕上げたキッチン。
  • After:ご希望のLIXIL リシェルSiと造作家具で仕上げたキッチン。
  • Before:長年の使用でいたるところが傷んでいました。
  • 瞬間湯沸かし器が撤去され、配管、配線などもスッキリしました。
  • 造作家具の取付け作業。メーカー既成品ではサイズが合わない為、出窓サイズにあわせて製作しました。
施工場所 横浜市 U様邸
工期 期間:7日間
部位 キッチン
金額 金額:220万円

◆リフォームのきっかけ◆


築40年のキッチンには瞬間湯沸かし器が備え付けてありました。

この瞬間湯沸かし器が時折不具合を起こすようになり

何度か修理を重ねて使用していましたが…メーカー修理では

もう難しいとのことで一大決心。

キッチンまるごとリフォームのご依頼となりました。



%e7%9e%ac%e9%96%93%e6%b9%af%e6%b2%b8%e3%81%97%e5%99%a8

◆依頼された内容・こだわりポイント◆


お手入れが簡単なキッチン!

娘の家で使用して便利さに驚いたIHコンロ、食洗機の設置!

せっかくのリフォームなのでLIXIL上位グレードのリシェルSIを!とのご依頼でした。




◆提案のポイント◆


お手入れが簡単なキッチンを!とのご依頼でしたが

露出した配線、配管と出窓に組み込まれた食器棚など

周りの気になる部分もスッキリしましょうとご提案。



%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3-rosyutu

付け足してきた配線などが煩雑になっていました。

新しいキッチンが備え付けられたときに残念な感じにならないようにと

コンセント、スイッチ、リモコンなどの配線も隠蔽しスッキリさせました。



zousakukagu


出窓に組み込まれた食器棚。

予算の関係で最後まで決めかねましたが

現状の不満である、中がまる見えの硝子扉と高さの調節できない固定棚を

うっすらと中が見える程度の扉と高さを調整できる可動棚板での

製作を提案し設置することになりました。

扉はポリカーボネート板の中から選んでもらいました。

↓↓↓割れる心配もないポリカーボネート板↓↓↓

img-2322



『新しくなったキッチンの機能に慣れるまでは大変そうね』

『IKEAへ収納グッズを買いに行かなくちゃね』



新しいキッチンをどう使いこなすかを考えて楽しそうにしている

奥様が印象的なリフォームとなりました。

トップへ戻る