施工事例
Case

ちょいワル?のお風呂

After
  • After
  • Before
  • After
  • Before
  • Before
  • After
施工場所 川崎市 T様邸
工期 4日間
部位 浴室 洗面化粧台
金額 130万円

◆リフォームのきっかけ◆


マンションを購入してからおよそ20年。

洗い場の床がポコポコ・・と浮き沈みするようになりました。

浴室を替えるならついでに洗面も、と思い立ったT様からご相談を頂きました。





◆依頼された内容・こだわりポイント◆


T様のご要望は大きく4点でした。


・浴室の床はガッシリしたものを。

・浴槽は高級感を味わえる黒系の色を入れたい。


・洗面化粧台ボウルは850㎜の高さが欲しい。

・限られた天井高(2200㎜)でもウォールキャビネットを設置して収納力を確保したい。




ゴーイング・グリーンからは、タカラスタンダードの「伸びの美浴室」と

TOTOの洗面化粧台「サクア」をご提案しました。





◆提案のポイント◆

  T様をTOTOとタカラスタンダードのショールームをご案内することになりました。

待ち合わせの駐車場で待機していると、ドロドロ・・と低音が。

その際のブログはコチラ↓↓

ショールームにハーレーが・・



まずはTOTOのショールームへ。

高さ850㎜のボウルはサクアならではの仕様。

標準仕様より110㎜低い、1800㎜対応の三面鏡と

高さ300㎜のリモデルウォールキャビネットを採用することで、

T様のご要望を叶えることができました。

%e5%9b%b3%e9%9d%a23




続いてタカラスタンダードのショールームへ。

磁器タイルのキープクリーンフロアの説明を聞いたT様は、

「デッキブラシでゴシゴシできるのだね!」と嬉しそう。


黒系の浴槽は汚れが目立つかな・・と迷われていましたが

最終的には(ちょいワル感漂う?)シュガーブラックの浴槽になりました。

dsc_0048



お引渡しでのT様のコメント。

「普段はシャワーで済ませることもあるのだけどね」

「今日は浴槽にゆっくり浸かろう!」



日ごろの疲れをしっかり癒してくださいね!

トップへ戻る