施工事例
Case

「壊れにくい」という価値

After
  • After
  • Before
  • Before
  • After
施工場所 横浜市 W様邸
工期 2日間
部位 キッチン
金額 73万円

◆リフォームのきっかけ◆


W様から「システムキッチンの見積りをお願いします」

と電話をいただいたのは15時過ぎ。

その日の16時にはW様のお宅で打合せを始めました。


対応のスピードもサービスのうちのひとつ、と当社は考えています。



今回のいきさつを伺ってみると、

発端はシンクキャビネットの扉の破損でした。

蝶番を固定するビス穴が効いておらず、開けるたびにガタンと傾いてしまいます。


25年以上使ったキッチンだから、そろそろ替え時かなと考えていたW様。

集めていた量販店やリフォーム会社のチラシには、

【●●% OFF!  30万円~】のキッチンが数多く並んでいました。




◆依頼された内容・こだわりポイント◆


最初にW様から出たご要望は「壊れにくいキッチン」

機能はシンプルなもので充分とのこと。


そしてお掃除が楽になるように、タイル部分にはキッチンパネルへ、

プロペラファンはノンフィルタ シロッコファンへ変更することをお勧めしました。






◆提案のポイント◆


壊れにくいキッチンなら、タカラスタンダードのホーローシステムキッチンがお勧めです。


%e3%81%93%e3%81%93%e3%82%82%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%ad%e3%83%bc%e5%90%88%e4%bd%93












折込チラシに良く掲載されている、木製のお求めやすいキッチンと、

W様へお勧めのホーローシステムキッチンでお見積りを作成することに。

同じサイズのキッチンでも、その差額は20万円近く・・



2通の見積書をお示しした上で、

近くのショールームへご一緒しました。



某社のショールームで木製キッチンをご覧いただいたあとで、

タカラスタンダードのホーローシステムキッチンの説明を受けたW様は、

「これが良いっ!」と即決です。

おもちゃ屋さんでの小学生のような笑みでした。



キッチンを見まわしてみると、

35年間使っている電子レンジや冷蔵庫・・

W様は「壊れるまで買い替えない性格なんです」と笑い。



新しく加わったキッチンも、末永く愛してくださいね。

トップへ戻る