施工事例
Case

慣れているけど、ストレスを感じること

施工場所 横浜市 N様邸
工期 2日間
部位 建具交換
金額 32万円

◆リフォームのきっかけ◆


「洗面所にプリーツドアの設置を考えています。」

そんなメールが来たのは昨年11月のことでした。


早速お伺いしてお話をお聴かせいただくことに。



◆依頼された内容・こだわりポイント◆


「洗面所のドアがジャマなんです!」

14-1















確かに・・

洗面化粧台は開けたドアの裏。洗面台を使うにはドアを閉めなければなりません。

慣れているとはいえ、毎日何度も洗面台の前に立ちますので小さなストレスです。



「ドアがらみでもうひとつ相談があって」とN様。

リビングと和室の間の襖にもお悩みがありました。

3枚引きですが、敷居の溝は2本です。

img_0030









つまり3枚の襖はどこか1枚分しか開きません。

「これって意外と不便なんです!」

確かに・・(二度目)

「お客さんが来たときには閉めたいけど、普段は開けておきたいのですよね」と仰ります。




◆提案のポイント◆


洗面所へのドアはアウトセットの吊戸を提案。

ドアを開けた際に干渉してしまう、5歳のHちゃんの作品は別の場所に飾ることに。



和室へのドアは、3枚建ての片引き戸や引違い戸も検討しましたが、

ドアを重ねる分、ドア枠の厚みが必要になります。

ドア枠の厚みに合わせて壁をふかす方法もありますが、

施工範囲をあまり広げたくないというご要望を受け、

ドア枠を既存と同じ位にできる【可動間仕切り壁 折れ戸タイプ】の採用となりました。

全開、全閉はもちろん、任意の場所で折れ戸を開けることができます。

開口高は以前より10㎝高くなったので、開けた時の開放感も上がりました。





工事が始まると「ねー、何やっているの?」「ねー、これなぁに?」と、

Hちゃんは興味津津です。うっかり工具に触ってけがをしないように、

特別にママのスマホでYou Tubeの許可が出ました。

Hちゃんはすっかりアニメに釘付けになってしまい、大工は少し寂しそうでした。



2日間の工事を終えて、完成を確認いただいたところ、

ご夫妻は「いいね~!」「いいね~!」と何度もドアを動かしていました。


どんなリアクションをしてくれるかと、わくわくしながらHちゃんに声を掛けたのですが

「おー!」って言って、すぐYou Tube(笑) 

ゴーイング・グリーンはプリキュアには かないませんでした。


トップへ戻る