施工事例
Case

364歩のマーチ

After
  • After
  • Before
  • Before
  • After
施工場所 横浜市 H様邸
工期 期間:2日間
部位 洗面化粧台
金額 金額:40万円

◆リフォームのきっかけ◆


きっかけは1年前に遡ります。

2018年5月のトイレ工事、お引き渡しの際に

1ヶ月後にタカラスタンダード ショールームで開催の

「タカラリフォームフェア」にお誘いしました。


当社で浴室、トイレをリフォームされたので、

「次は洗面化粧台ですねー」と冗談交じりの担当M。

「商売上手だなぁ」と仰っていたご主人が、奥様を連れて

6月9日のイベントにご来場いただきました。


イベント会場で、いろいろな洗面化粧台をご案内し、

お手入れカンタンで丈夫なホーロー化粧台の良さを実感されていました。

「(工事を)やる時には声をかけるから、よろしく」とのこと。

笑顔のH夫妻をお見送りした半年後の2019年1月・・



「洗面所の打合せをしたいので、都合の良い時に来てください」

奥様からありがたいお電話をいただきました。



◆依頼された内容・こだわりポイント◆


・床は水に強く掃除が楽なものにしたい。

・スッキリ明るい感じにしたい。

・収納は引き出し式にしたい。


これは奥様の主なご要望。


・DIYで付けた洗濯機上の棚がグラグラしてきて・・

・浴室換気扇のスイッチを切り忘れて奥様に怒られる・・

・電源が足りなくて使っている延長コードがジャマなんだよな・・


ご主人のお悩みはこんな内容です。


◆提案のポイント◆


 

洗面化粧台選びには3回ショールームにご一緒しました。


吊戸を付けて収納を充実させる案内もしましたが、

仕舞うものも多くないし窮屈になりそうなので、と見送り。

三面鏡もいらないわ、と水栓の上に棚が付いている大型ミラーが採用になりました。


床はフローリングからクッションフロアへ。

化粧台の背面側は、浴室と合わせた柔らかい桃色のクロスをアクセントに。


ご主人が奥様に怒られないように、換気扇のスイッチはタイマー付きに変更しました。

洗面化粧台の脇には埋め込みコンセントを新設、棚も下地を入れて新しく。


お引き渡しは2019年6月8日。

リフォームフェアでH様と一緒に植えた「洗面の苗」が、364日後に咲きました。

トップへ戻る