施工事例
Case

慣れ親しんだホーローとタイルで。

施工場所 横浜市 Y様邸
工期 5日間
部位 浴室
金額 110万円

◆リフォームのきっかけ◆


以前にはタイルが剥がれ落ちたことも

あったという築35年の在来浴室。

傷んだところがあればご主人が補修をしてご使用していました。

しかし浴室ドア周りの傷みが激しくなり

そろそろ限界とのことで浴室リフォームをすることに。







◆依頼された内容・こだわりポイント◆


せっかくするリフォーム。できるだけ大きな浴槽にしたい。

柱を削ってでも大きいサイズの浴室を設置したい。

それと今回の決め手は何と言っても材料がしっかりしているから、

工事の際には浴槽の断面を撮影しておいてね!とのことでした。




米山商事にご連絡頂く前の出来事ですが

他メーカーの仕様で契約まであと少しというところまで

話がまとまっていたそうです。

契約はもう数日後。しかし何か違和感が…。

タカラスタンダードのショールームに足を運び、

その違和感が使用する素材にあることに気づきました。

タカラスタンダードで見たシステムバスの床、壁、浴槽…。

全てがご主人のもやもやを吹き飛ばしてしまったそうです。

「これが欲しい…。」一目惚れです。

ご主人が抱いていた違和感…。それは素材の重厚感でした。

タイル張り、ホーロー浴槽の浴室に慣れ親しんだご主人には

FRP、プラスチック系の素材の薄さが何となく不安だったとのことです。






◆提案のポイント◆


さすがに柱を削ってまでの工事は思いとどまってもらいましたが

2.5cm刻みでサイズをオーダーができる

『ぴったりサイズ伸びの美浴室』をご提案。

できるかぎりの大きさを確保してのリフォームを提案しました。







ぴったりサイズバリエーション

ぴったりサイズバリエーション
















システムバス組み立て中、「タカラの人大浴槽は

厚みがあってしっかりしてるんだよ」と嬉しそうなご主人。

「ここ、撮っておいてね!」の写真↓

p1210300











しっかり保温材にカバーされている高断熱浴槽裏







姿形を変えてもホーローとタイルにこだわり、ぴったりサイズで

新しく生まれ変わったシステムバスに大満足です。

トップへ戻る