施工事例
Case

ついつい後回しに・・を解消!

AFTER
  • AFTER
  • BEFORE
  • 既存撤去
  • 掘削
  • 鉄筋/基礎
  • 鉄筋/基礎
  • 基礎完了
  • BEFORE
  • AFTER
施工場所 横浜市 Y様邸
工期 期間:4日間
部位 ブロック塀/フェンス
金額 金額:約50万円

◆リフォームのきっかけ◆


築40年のY様邸。

ブロック塀が道路側に傾いてきて・・

%ef%bc%94%e3%80%80before









「通行人に何かあったら心配なので」と相談をいただきました。



◆依頼された内容・こだわりポイント◆


横浜市には、以下の条件を対象とした「ブロック塀等改善事業」の補助があります。


↓↓ ↓↓

原則として、以下のア~ウ全てを満たしているもの

ア 道路等(※1)に面していること

イ 高さ1m以上のブロック塀等(※2)であること。

ウ 地震時に倒壊するおそれのあるもの。(※3)

※1 「道路等」とは、道路法の道路、建築基準法第42条に規定する道路又は第43条第2項の規定にかかる空地、 その他これらに類するもので市長が認めるもの

※2 「ブロック塀等」とは、コンクリートブロック塀、コンクリート製の塀、石積塀、万年塀その他これらに類する塀

※3 事前相談を受けた後、市職員又は市が委託する専門家が現地を確認し判定。

(以上 横浜市WEBページより)

◆提案のポイント◆


 

補助金を申請するための条件のひとつに、

「新設するブロック塀は高さ60㎝以下であること」があります。

その上に設置する軽量なフェンスも補助の対象になりますので、

目隠しと通風の機能を持った形状のアルミフェンスを選びました。

三協アルミ カタログより

三協アルミ カタログより












計画図面を含めた書類を揃えて申請して、

交付決定通知書が届いたら請負契約を交わして、


工事が終わったら完了を報告して、

補助金額確定通知書が届いたら請求書の提出をして。


申請から完了まで4か月かかりましたが、

工事費用のおよそ半分が無事に補助されることとなりました。


そして何より大切なブロック塀の安全性。

地中に埋まってしまう基礎についても安心していただくために

工事の内容や方法を毎日報告いたしました。


「いつかはやらなきゃ」と思っていながらついつい後回しにしていたとのこと。

地面からまっすぐに立っている塀を見たY様、

5-after









これで安心して暮らせますーと、とびきりの笑顔が見られました。

トップへ戻る