• ゴーイング・グリーン
  • 施工事例
  • インタビュー
  • スタッフブログ
  • ゴーイング・グリーンの考え方
  • 会社概要

リフォームインタビュー

Vol.2 家族の思いやりが生む、
心地良い「二世帯の距離感」優しさの家

ゴーイング・グリーンでは、住まいのお悩みを解決して快適な生活を実現するために、お客様とプランナーが二人三脚で住まいづくりをしてきました。こちらでは、なぜリノベーションをしようと思ったのか、依頼された背景や理由、提案や施工について、お客様インタビューを掲載しています。ゴーイング・グリーンでは「長くつきあう やさしいエコリフォーム」を合言葉に、横浜市都筑区・港北区を中心としたエリアの皆様の快適で輝く未来をお届けしています。

思いやりから始まった二世帯住宅リノベーション。家族の程よい距離感。みんなが気を遣わない暮らし方。

「一緒に暮らそう」母へのご夫婦の思いやりが生み出す二世帯住宅フルリノベーション。 二世帯住宅を経験されたお母様が次の世代へと伝える家族の距離感と暮らし方。 そこへ若奥様の大好きなデザイン家具にマッチする北欧・カフェスタイルのインテリアを盛り込みました。二世帯住宅に住む家族みんなの想いがぎゅっと詰まっています。 家族の「優しい気持ち」から素敵な二世帯の暮らしが始まりました。 リフォーム前後を振り返り、ご家族皆様にお話を伺います。

リフォームメモ
家族構成 50代母、30代夫婦
規模 鉄骨3階建158㎡
工期 4ヶ月
費用 2,200万円
担当 山口

Q&A

リフォームのきっかけを教えてください。
interview02-01ご主人:父が他界し、母が一人で暮らすのは寂しいのではないかと思い、私たち夫婦と一緒に住もうと申し出たことがきっかけで、今回のリフォームが始まりました。住宅展示場等にも行ったのですがリフォームをどこに相談すればよいかわからなくて、LIXILのテレビCMを見てショールームに行ってみました。たまたまリフォーム相談会が開催されており、それがきっかけでゴーイング・グリーンさんと出会いました。
依頼された内容、こだわりのポイントは?

interview02-04-5GG(ゴーイング・グリーン以下GG略)山口:最初のお打ち合わせでお母様から伺ったのは、どこという場所に指定はなかったですが、タイル貼りを入れたいということでした。またベッドルームとLDKがひと続きの配置でもプライバシーを確保したいこと、今使っている木のブラインドを引き続き使いたいことを承りました。

お母様:特にこだわりはなかったけど、すでに私は3階にいたからそのままいられたらなということで、息子夫婦には悪いけど3階は私が住むということでお願いしました。(笑) こだわりというかひらめきを大切に何事も決めていきました。

ご主人:母が家にいる時間が長いから、一番日当たりがいいところが3階なので、それがいいかなと思って。

お母様:順番からするといつかは上がってもらって(笑)どうしても1階は暗いんでね(笑)

ご主人:自分が一人で過ごせる場所、書斎があればあとは妻が好きなようにできればいいなと思っていました。

奥様:任せてもらったので(笑)、北欧やカフェスタイルが好きで、そんなインテリアになったらいいなと思っていました。IDEEやUNICOの照明や家具が好きでペンダントライト、ダイニングセット、ソファと大好きな家具に合うインテリアにしたいと思っていました。あと婚礼家具のウォールナットの食器棚がダイニングにしっかりと入るようにお願いしました。キッチンのタイルはカフェっぽいものを山口さんに提案してもらって一緒に考えました

リフォームに対するご感想を教えてください。

お母様:みんなに自慢できるようなおうちになったかなあ。コンパクトだけどね(笑)。友だちや親戚もすごいねって言ってくれますね。すごくいいよねー、すごい落ち着くよねーって。

ご主人:コンパクトだからいいじゃない。俺の書斎もコンパクトだからいいんだよ(笑) 奥様:私はおしゃれなタイルなども使われていて、こんなおしゃれな家に住むことができて嬉しいなあと。 お母様:良かったねご主人!(笑) 終始、楽しいかけ合いが飛び交う仲の良いご家族です!

BEFORE

interview02-05

AFTER

interview02-06

interview02-07

提案された中で良かったものを教えてください。

interview02-12-5お母様:提案いただいたプランは想像以上に良かったです。

特にタイル壁のエコカラットがとても良かった。住みながらのリフォームだったので壁が出来た時は感激して思わず山口さんに電話してしまいました(笑)。二人にもおすすめして、2階のリビングにも貼ることになりました。

あとキッチンのペンダントライトも良かった。照明のことはそもそも考えてもいなかったし、ましてペンダントライトがつくなんて思いもよらなかった。実際提案されて、出来てみると、雰囲気がよくて癒やされるなーって。3階の部屋は暖かい光もあって、動線なんかも含めてすべてを気に入っています

奥様:最初は良くわからなかったので、プランや参考写真などいろいろと提案資料を作ってきていただいて、毎回出してくださるすべての案がわりと「あーいいなー。」と自然と思えました

お母様:提案、感性が合っていたんだね?。山口さんとカタログを見ていてもいいと思うものが一緒でしたね。

ご主人:自分だけの部屋、書斎。でもその場所についても山口さんのセンスで好きにやってもらって結構という感じでした。山口さんにお願いしたらとても良い出来でした(笑)。

GG山口:最初のご提案から変わった内容はごくわずかで、ほぼその通りに完成しました

interview02-09-5

二世帯リフォーム、住み始めていかがですか?

お母様:もともと二世帯だったんです。代が変わって自分がお姑さんになってお嫁さんを迎えた。前の代で自分が経験してきたことは活かさないといけない。すごいかわいいお嫁さんだから大事にしたいと思っています。私はこうでなきゃいけないとかは思わないんです。お嫁さんはお嫁さんのやり方で、私は私のやり方でやっていって、夫婦が仲良く生活してさえくれればそれでいい。それが私にとっては幸せって考えています。二人(ご夫婦)も私を自由にさせてくれているから、ありがたいかなって思います。みんなが個々に自由であっていいと思う。夫婦同士では互いに気を使うこともあるだろうけれど、私に対しては別に気を使う必要もないし。

今はダブルキッチンですが一緒にご飯を食べることはほとんどないですね。 昼間は働いているし、お嫁さんには自由に気を使わないで居させてあげたい。わざわざ私に気を使わないでいいと思います。食事はお正月・誕生日など、いわゆる通常の家族のようなイベントの時。しょっちゅうやってたらありがたみがなくなるじゃないですか。

ご主人:キッチンを分けた意味がなくなりますからね(笑)

お母様:どんなに仲が良くてもある程度の距離、「程よい距離感」っていうのはあるよね。気を遣うなっていっても遣うだろうし、可哀想だし。

インタビュアー:べったりしない、でも一緒に暮らせるとてもいい距離感ですね。

お母様:そうそう、私が自由にしていれば、きっと二人も自由に感じられるんじゃないかな。ごめんね?(笑)

インタビュアー:お互いが必要以上に気を働かせることのない、そのこと自体が優しい気遣いなんですね!

interview02-14
ご家族でお好みの違いはありましたか?

ご主人は白色の照明が好き。奥様は電球色の照明が好き。照明の色の好みの違いが夫婦間でありました。

GG山口:今回お二人のお好みをどちらも満たすためにLED照明の最新調光調色システムをご提案しました。これにより昼白色から電球色、明暗の調光が可能で様々なシーンを演出することができました。

ご主人:コンビニみたいにこうこうと明るいのが好きなんです。明るいのが一番ですね。黄色だとシャキッとしないじゃないですか。

奥様:落ち着けるやわらかい色合いが好きです。間接照明のゆったりした感じです。主人が帰ってくると調光調色システムで白色にシャキッとなります。そこは慣れてきて、白色もいいなと思ったりもします。明るい方も文字とか見やすいから、色とか明るさが変えられるのはいいんですよね。良かったです。

interview02-15
ゴーイング・グリーンの担当者(山口)に一言お願いします。

interview02-16お母様:彼には本当に感謝ですね。すべてに。ありがとうございましたですね。いろんなわがままを聞いてくれてありがたかったですね。あとソファを選ぶのに一緒にインテリアショップにお付き合いしていただいちゃいました。

奥様:打ち合わせをしていて毎回2?3時間。長くなっちゃって。でも毎回楽しくみんなで打ち合わせが出来てありがたかったです。

ご主人:うちの母が相談する相手をなくしていますから親身に全部いろいろと聞いて頂いて、母の多くの要望を受け止めていただいた。妻にもいろいろと提案していただき、喜んでくれているので「ありがとうございます」の一言です。僕がそういうことが疎いというか、インテリアのこともわからないですからね。全部やっていただいて。

お母様:山口さんの人柄ですよー。優しいし。それに付け込んで私たちは(笑)

  
Before   After
Before   After
Before   After
Before   After
担当者からのひとこと

ご家族には弊社イベントにご来場頂いてからショールーム巡り、お打合せ、現地確認等、今回のリフォームに多くのお時間を割いて頂いたことに大変感謝しています。

2階リビングに張られたエコカラットはご家族全員とサンプルを並べ比べて決定しました。当初ご主人はどれでもOK!とおっしゃっていましたが、最終的にはご主人と奥様で選んで頂いたものを採用致しました。

お母様には4ヵ月という長期間リフォーム工事を行いながらの生活でしたので、大変ご不便をお掛けしたと思います。それにもかかわらず日々笑顔で工事スタッフを迎えていただきお気遣いをしていただきました。

引き渡し前の内装工事では遅くまで作業させて頂く事になりご迷惑おかけしたにもかかわらず、職人の体の心配していただくなど、お母様の明るさと優しさが私たちの励みになりました。

感謝してもしきれません。

3階のエコカラットが貼り終わったその日に「すごく良くて電話しちゃいました!」 とお母様より連絡を頂いたことは、とても良い思い出です。

これからも末永く宜しくお願い致します!

リフォーム・プランナー 山口高明

他のリフォームインタビュー

トップへ戻る