• ゴーイング・グリーン
  • 施工事例
  • インタビュー
  • スタッフブログ
  • ゴーイング・グリーンの考え方
  • 会社概要

リフォームインタビュー

Vol.3 プランナーとつなぐ 家族・空間・希望
つながりの住まい みんなをつなぐ家

ゴーイング・グリーンでは、住まいのお悩みを解決して快適な生活を実現するために、お客様とプランナーが二人三脚で住まいづくりをしてきました。こちらでは、なぜリノベーションをしようと思ったのか、依頼された背景や理由、提案や施工について、お客様インタビューを掲載しています。ゴーイング・グリーンでは「長くつきあう やさしいエコリフォーム」を合言葉に、横浜市都筑区・港北区を中心としたエリアの皆様の快適で輝く未来をお届けしています。

家族的な信頼を育んだプランナーと共に創りあげる。4 部屋をつなぎ、制約と希望をつなぎ、家族をつなぐ。親からのプレゼントに、これからの暮らしで応える「思いやりの住まい」。

奥様のご両親が敷地内に所有するアパートの1 階4 部屋をつなぐリノベーション。 子世帯と親世帯の敷地内同居が織りなす絶妙なバランスの家族関係は、賃貸物件の持つ特異性と、ご家族の希望との調和から生まれました。
リノベーション前後を振り返り、隣に住むお母様も交えてご夫婦にお話を伺います。

リフォームメモ
家族構成 30代夫婦、子供2人
規模 鉄骨造2階建 1階部分70㎡
工期 2ヶ月
費用 650万円

Q&A

リノベーションのきっかけを教えてください。

interview03-10若奥様: 住んでいるアパートが手狭で保育園のお友達もなかなか呼べず、長男ももう小学生になり、そろそろ部屋が必要になるかなと思っていました。

そんな私達の気持ちを察してか、両親から所有のアパートの1 階(ワンルーム4所帯) をすべて繋げて私達の住まいにしてはどうかと申し出がありました。

元々はそのアパートは長年米山商事さんのプロパンガスを利用していました。実は母宅は自宅のリフォームをゴーイング・グリーンさんに依頼していて、いろいろやってくださるからと紹介してもらって、プランをお願いすることになりました。

親子世帯が隣り合わせで暮らす家族関係は?

interview03-13-5お母様: 元々はアパートからの視線を遮るために南側の窓を設けていなかったけれど、南採光を得るために窓をつけてもらいました。ダイニングの日当たりは以前とは比べ物にならないくらいとても良くなりました。

ゴーイング・グリーン担当者(以下略GG 担当者): 新しい南側の窓のおかげで隣合わせの2階のお父様のお部屋と窓が面して会話ができるくらいです!

若奥様: 会話が出来過ぎて色々便利に呼び出されそうだから母屋の窓をふさいじゃおうかなって言ってました(笑)

インタビュアー:普段から会話が弾むご家族の様子が伺えますね。裏門で行き来できるので本当に身近なお隣さんという感覚ですね。 普段のご家族間の関わり方を教えてください。

お母様: 私がお兄ちゃんの幼稚園の送り迎えをしているので平日は毎日、家に出入りしていますね。朝なんて庭の点検しならが娘夫婦のリビングに声かけしちゃったり(笑)

若奥様: お父さんは窓越しに話すくらいです(笑) 私が働いているので両親には本当にいろいろ助けてもらっています。

インタビュアー: ご家族の関係が密接だから結果このリノベーションの形になったのが頷けますね。プライバシーって本当に密接な家族にはなくても成立するというか、近くにいることがごくごく自然なんですね。

ご要望とこだわった点は?

interview03-14ご主人: ダイニングは今回特にこだわったところです。キッチンカウンターを囲んで食事をするスタイルにしました。キッチンとカウンターで会話しながらいろいろとできる。 限られたスペースにテーブルが置いてあるのは邪魔だと当初から考えていました。

インタビュアー: 通常ならばキッチンカウンターの前がダイニング、隣の空間がリビングだったと思いますが、ダイニングテーブルを置かないことで、キッチン前がリビング、リビングになるはずの空間がワンパク男の子の為の遊び場にまるまるなっている。遊び場が広く確保できているのは男の子にはうってつけですね!

若奥様: 前の住まいより本当に広くなりました!

GG 担当者: 床暖房も入っています。今回、床は無垢材を採用していますが床暖房対応品です。 あとご主人がDIYがお好きなので壁の至る所に下地を入れさせていただきました!

インタビュアー: そういえば壁の至る所に季節感のあるディスプレイや子供達の写真が飾られていますね!

若奥様:ハウス型のフォトスタジオで撮ってもらい、額に入れてもらったものを飾っています。今回のリフォームのような床や壁のあるスタジオで撮ってもらいました。

GG 担当者: 若奥様お気に入りのフォトハウススタジオが今回のリノベーションのイメージモデルなんです。

若奥様: あとこだわったところは壁紙。色と柄はよく考えました。キッチンを囲む木目柄の壁、子供部屋の薄緑の壁紙。寝室と子供部屋の壁紙を変えて部屋の印象を違わせています。木目の壁は、ハウススタジオの白いフローリングのイメージがいいなと思って選びました。あと回遊性のある間取りになっているので子供達はぐるぐる回っています。友達も一緒にぐるっぐる(笑) 幼稚園のお友達も結構来てくれています。今まで呼べなかったので恩返しのように呼んでいます(笑)

BEFORE

interview03-01

AFTER

interview03-02

interview03-07

プランナーの印象についてお聞かせください。

interview03-03ご主人: 身近に感じられるような方だったのでなんかお友達みたいな(笑)

若奥様: 若干それはありましたね!歳も近いし。兄と同じ歳だったんですよ。なんかお姉ちゃんみたいだって勝手に思ったんです(笑)

インタビュアー: プランについて、先にGG担当者としてご質問します。 通常あまりないアパート4所帯をつなぐリノベーションプランはいかがだったでしょうか?

GG 担当者: そうですね。通常の家と違って4所帯のアパートを一つの住まいに仕立てるのはなかなか難しくて正直、苦労しました。 ご要望をどうすれば盛り込めるか、どんな提案がベストなのか、いくつもトライアルを重ねて提案させていただきました。

若奥様: 色々してくださって、最終的に本当に良くなった。良くしてくださった。私、いいと思ってます!

GG 担当者: 動かせない構造壁があり、水周りを固めつつ、部屋を広く取れるように心がけながらプランニングしました。 最初は3パターンくらい見ていただいて、私の中でもお二人の反応や感触を確かめながらご提案させていただきました。そろそろもう決めなければという土壇場でこれだというプランに行き着いて最後の最後に現プランを提案させていただきました。

若奥様&GG 担当者: 最後のプランしっくりきましたね!

インタビュアー: 構造壁に囲まれながらも、広々とした印象があるのは端から端まで抜けているからなんでしょうね。行き止まり感がないこと。周遊性があることも広々感に繋がっています。

プランナーを信頼してくださり、何でも気軽に相談していただいたことが最後の良いプランに行き着く結果となりました。

interview03-04

プランに対する印象や評価ポイントを教えてください。

若奥様: 思った以上にお風呂とかキッチンもこんなに大きく、広いものにしてもらえるんだと思いました。 トイレも性能が良いものを薦めてくださったなと思いました。びっくりしました。

ご主人: ダイニングカウンターに拡張できる折りたたみ式のカウンターをつけたのは良かったです。

GG 担当者: こちらのアイディアはご主人からいただいたものです。位置や細かな作りはこちらで詰めさせていただきましたが、ご主人は逆提案が素晴らしく、最初スキップフロアにしては?なんていうのもありましたね!それはお金かかるからやめましょうということにはなりましたけど(笑)

ご主人: 折りたたみカウンターはなくても家族全員が座れないこともないのですが、僕が料理をしてごはんを食べる時にキッチン側にいた方が近くて都合が良い。いまは跳ね上げたダイニングカウンターのキッチン側に椅子を置いて食べています。

インタビュアー: まかないさんみたいですね(笑)

ご主人: そう(笑)最後は食器洗ったり、なんかお店風にやってます(笑)

GG 担当者: なるほど(笑)お店だ(笑)一

interview03-05
一ヶ月経って住み心地はいかがですか?

interview03-06若奥様: オープンでもクローゼットをつけたのはよかった。玄関側からもすぐ使えるので忘れ物して取りに行くのが便利でした。あと前よりも広くなったこと、設備的にも良くなって便利で前と比べてとても住みやすくなりました。ちょっと電気代が増えるんじゃないかと気にしていたけれどあまり変わらなくてホッとしました。ガスは逆に安くなりました!

GG 担当者: 設備機器が省エネ化されていますからね!

インタビュアー: お兄ちゃんはお風呂どう?

若奥様: 泳げるようになったよね(笑)

インタビュアー: うちの子はゴーグルつけて入ってるよ(笑)

若奥様:(お兄ちゃんの顔を見て)あ、いいこと聞いちゃったって顔してる(笑)

お兄ちゃん: ぼくもやりたーい。

一同:(笑)

ご主人: 住み心地は良いですね。木目は、なんか落ち着きますね。 自分の希望が通ったのはお風呂とトイレの壁紙。これだけは選ぶのを許してもらえた(笑)

GG 担当者: トイレの壁はみんなが疑問を持ちつつもご主人の希望通りになっています(笑)

ご主人: あれ?みんな疑問を持ってたの?(笑)

若奥様&GG担当者: いやいやいやいや(ごまかしている)

GG 担当者: でも貼ったらよかったですよね。

若奥様: うん、意外とよかった。

GG 担当者: ちなみにお風呂のテーマは竹林。トイレは赤れんが。

ご主人: トイレは少しアメリカンな感じで(満足げ)

※ご夫婦・GG 担当者の掛け合いが長年やりこんだコントのようで素晴らしい(笑)

実はお客様とプランナーのこの関係性にこそリノベーション成功の秘訣があるんです。

ゴーイング・グリーンの担当者に一言お願いします。

interview03-08若奥様: 難しい形、色々制限がある中で提案していただいて、作っていただいて感謝しています。泣けるような言葉が出なくてごめんなさい(笑)

ご主人: 短期間で、色んな要望を言わせてもらってそこから少しずつ取り入れてくれてありがたいなと思いました。 壁の下地も、思った以上にしっかり入れてくださいました。本当に話しやすいところがよかったです。

GG 担当者: ありがとうございます。

インタビュアー: 良いことしか言われていないですね!本人の前で言い難いことがあればこっそりお聞きします(笑)

ご夫婦: ないですよ~!!(笑)

  
Before   After
Before   After
Before   After
Before   After
担当者からのひとこと

限られた時間の中で最高のリノベーションを!という想いのもと、ご家族をはじめ職人も皆一致団結して取り組めたことが良かったなとしみじみ思います。

打合せにはいつもご家族皆様で参加して頂き、短期間でしたが色々なお話ができました。

アパートをつなぐという特殊な条件、構造壁の制限もあり、ご要望を叶えられない部分もありましたが、お引渡後にお伺いしたときにお客様が住まいでやりたかったことが少しずつ実現していて嬉しく思いました。

回遊できるプランなのでお家にたくさんのお友達が遊びに来て、ぐるぐると駆け回っている姿がとても微笑ましく印象的でした。

キッチンの横の壁にはたくさんのご家族の写真が飾ってあり、お子さんが成長されていくにつれ、壁の写真や飾りが日々、変わっていくのが楽しみです。

最後に工事中はご家族やご両親が見守ってくださり、スムーズに工事ができる環境を作ってくださったこと、本当に感謝しております。ありがとうございました。

他のリフォームインタビュー

トップへ戻る