施工事例
Case

天井高さにも気を配った浴室リフォーム

  • Before:築30年の在来浴室、入り口段差と寒さが気になっていました。
  • After:断熱サッシ取付け
施工場所 横浜市 S様邸
工期 期間:4日間
部位 浴室
金額 金額:123万円

◆リフォームのきっかけ◆


S様とご両親の3人でお住いの築30年の住宅

タイル壁面にあるひび割れと

浴室暖房がついている割に冬場の寒さが辛い

在来浴室をそろそろリフォームしたいと考えていたところ

浴槽にまでひびが入り

今回のリフォームとなりました。

p1170874%e3%81%b2%e3%81%b3%e5%89%b2%e3%82%8c p1170785-%e6%b5%b4%e6%a7%bd%e3%81%b2%e3%81%b3%e5%89%b2%e3%82%8c








◆依頼された内容・こだわりポイント◆


2.5cm刻みで浴室サイズオーダーができる

タカラスタンダードの伸びの美浴室をご希望。

昔の家で洗面室は広いのに浴室がせまくて!とお母様。

できるかぎり今の広さと変わらないと良いんだけど…。







◆提案のポイント◆


 

狭さを感じるのは平面の寸法だけではありません。

高さ寸法も影響します。

お使いの在来浴室は240cm。

リフォーム後は30〜40cmは低くなってしまいます。





システムバス天井高さは浴室暖房乾燥機の排気フードの

取付け高さに影響されます。



打ち合わせ当初はリフォーム費用を抑える為に。

既存の排気フード開口を使用する予定でした。

その場合の天井高さは199cm。



%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3-1990




少しでも広い方が良いとのお母様の要望もあったことから

打ち合わせ最終段階で

費用は少々かかりますが新しく開口を開けて

戸建て用の天井高さ213cm仕様への変更を提案しました。




%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3-2130





その差14cm…。

わずか14cmでも狭さをやわらげられるのであればとの想いです。



「思ったより狭くないわね!天井高さを替えて良かったわ」

と満足いただけました。





お客様の声

トップへ戻る