• ゴーイング・グリーン
  • 施工事例
  • インタビュー
  • スタッフブログ
  • ゴーイング・グリーンの考え方
  • 会社概要

増築・スケルトンリフォーム
Extension

<span>お住まいに</span><span>新しい</span><span>生活空間を</span><span>つくって</span><span>みませんか?</span>

リフォームという言葉が一般的になるにつれ、フルリフォームやスケルトンリフォーム(スケルトンリノベーション)、リノベーションなどの言葉が溢れてきました。少し混乱してしまいますが、その目的は住まいの機能性や快適性のアップはもちろん、より使いやすく、愛着が沸くようにすることだと私たちは考えています。

こちらでは少しわかりづらい増築やリフォーム、リノベーションのこと、そしてお悩みの解決手段の一部をご紹介したいと思います。横浜市都筑区・港北区を中心にリフォームをご提案しているゴーイング・グリーンでは、家族構成やライフスタイルが変化しても愛し続けられる住まいづくりのお手伝いをしています。

<span>リフォームと</span><span>リノベーションって</span><span>なにが</span><span>違うの?</span>

混同されがちなリフォームとリノベーションという言葉ですが、一般的には以下のように考えられています。また、関連した増築・改築やスケルトンリフォーム(スケルトンリノベーション)についてもご説明します。

リフォームとは

老朽化した建物を新築のような状態に戻すことをリフォームと呼びます。例えば壁紙を貼り替えたり、キッチンやトイレなどの設備を交換したり、原状回復することが目的です。ただし、増築や間取りを変えるような大改修もリフォームとひとくくりで呼ばれることがあります。

リノベーションとは

原状回復が基本になるリフォームに対して、リノベーションは新築以上の付加価値を住まいに与えることを指します。例えば古き良き古民家の外観はそのまま、機能性の高い最新設備を導入したり、電気やガスの配管などを全面的に刷新したり、そこに住まれているご家族のライフスタイルに合わせて改良していくイメージですね。古民家再生と聞くと極端ですが、子供の成長に合わせて間取りを変更したり、増築したりすることもリノベーションの一つです。

増築・改築とは

リフォームという言葉が浸透する以前は、住宅に手を加えることを「増築」「改築」と呼んでいました。「増築」とは敷地内に新しい建物を追加するなど、床面積を増やす工事を指します。一方で「改築」は現在ある建物を取り壊して、位置・用途・構造・階数・規模が同じ建物を建てることを指します。新しく建て替えるので「新築」のように感じますが、普通の建て替えでは間取りなどを変更しますよね。そのような構造変更が発生するものは「新築」または「増築」扱いになります。

ちなみに「内装の改築」という言葉もありますが、こちらも基本的には柱や梁を残したままの改修・建て替えを行います。そしてリフォームは、この「増築」や「改築」を含んだ、住まいの工事全般を指す言葉として広く浸透しています。

スケルトンリフォームってなに?

最近、よく耳にするようになったスケルトンリフォーム(またはスケルトンリノベーション)は、壁や内装はもちろん、ガスの配管や電気の配線まで完全に撤去し、住宅を骨組み状態(スケルトン)に戻してから行うリフォーム・リノベーションです。間取りやキッチン・バスルームなどの位置の変更も可能で、自由にレイアウトができることが特徴です。住まい全体をゼロから設計できることが魅力と言えるでしょう。

<span>増築・</span><span>スケルトンリフォームに</span><span>関する</span><span>お悩み</span>

子供のために、専用の部屋を作ってあげたい!

部屋を増やす方法には、「同じ床面積のまま仕切りを設けて部屋を増やす」「増築して床面積を増やして部屋を増やす」といった方法があります。もし敷地に余裕があり、建坪率などに問題がないようでしたら、増築によって現在の住宅に新しい建物(部屋)を追加することも可能です。(なお、増築には建築士が確認申請を行う必要があります。)また、増築が難しい場合は、現状の住まいの無駄をなくし効率化した間取りを検討することで増築せずに子供部屋を用意することもできます。

二世帯住宅にして親夫婦と一緒に生活したい!

増築や改築によって、1つの住まいを二世帯住宅に変更することもできます。二世帯住宅には、バスルームやキッチンといった水まわりも各世帯スペースに用意する「完全分離型」や水まわりなどは共有しつつプライベートスペースを確保する「ほどほど分離型」、同じ空間で生活を共にする「完全同居型」などがあります。住まいは家族構成によって変化していくものですが、個別の玄関を用意したりすることで二世帯住宅に仕上げることもできます。

トップへ戻る