施工事例
Case

新築のような輝きに大満足。

After
  • After
  • Before
  • After
  • Before
施工場所 横浜市 S様邸
工期 1カ月
部位 屋根・外壁

◆リフォームのきっかけ◆


以前からお付き合いさせて頂いているS様ご夫妻。

ご近所の塗装工事をご覧になって、

我が家もそろそろとお考えになられたそうです。

そんなタイミングで

定期的に訪問している弊社スタッフが

お話を伺うことになり工事のご依頼を頂きました。







◆依頼された内容・こだわりポイント◆


ご夫妻がこだわったのは『屋根の遮熱性能』と

『外観の見た目』の二つ。




『屋根の遮熱性能』アップするために

採用したのはクールタイト↓

dsc_0062-%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88

%e3%82%b3%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%88-2020-03-12-131614-%e9%81%ae%e7%86%b1%e6%80%a7%e8%83%bd

特殊顔料により建物が吸収する熱を軽減して

建物内部の温度上昇を抑制します。

夏場に最上階の部屋が暑くて困っているとのことでしたので

今年の夏、効果を実感できると思います。




もう一つは『外観の見た目』をスッキリしたいとのご要望。

こちらから提案する前に奥様からスッキリさせるために

外壁と雨樋を同じ色にしてくださいと

ご注文いただきました。


今回の塗装工事をするにあたって

奥様は近所の建物を観察し、答えを見つけていました。

新築の住宅は外壁と樋の色を

同系色にしていることが多く、その結果スッキリ見える!と。

外壁と樋は同じ色でスッキリ↓

%e3%82%b3%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%88-2020-03-12-141953-%e3%82%b9%e3%83%83%e3%82%ad%e3%83%aa




◆提案のポイント◆


S様からは雨漏りもしていないし予算もあるからと

減額案で1度は消えたベランダのトップコート塗装工事。

防水工事ではなく

防水層を守るための塗装工事です。

↓高圧洗浄後ベランダ用ブロックタイルを移動してトップコート仕上げ

%e3%82%b3%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%88-2020-03-05-164427-%ef%be%8d%ef%be%9e%ef%be%97%ef%be%9d%ef%be%80%ef%be%9e




職人さんからすると

防水層を守るためのトップコートは優先順位が高く

屋根の遮熱仕様を行う予算があれば

まずはトップコートを!とお勧め。

職人さんも最後まで気にかけてくれていた部分です。

S様には職人さんの意見を聞き入れてもらい工事を行うことに。










清掃中

清掃中

塗装工事は天気にも恵まれて予定通り終了。

輝きを取り戻した我が家にご満悦のS様ご夫妻でした。
















トップへ戻る