施工事例
Case

視界が広がるキッチン

After
  • After
  • After
  • After
  • After
  • After
  • Before
  • Before
  • Before
  • Before
施工場所 横浜市 М様邸
工期 8日間
部位 キッチン・リビング
金額 約300万円

◆ リフォームのきっかけ ◆

築25年の戸建て住宅にお住まいのМ様。

新築時から丁寧に使われてきたキッチンも

最近は排水の調子が悪くて…と

リフォームを考えられました。

お子様も独立して ご夫婦で暮らしているМ様は

最近はLDKで過ごすことが増えてきたそう。

長い時間を過ごす

『この空間で快適に過ごしたい』と

キッチンとリビングも含めた

リフォームを希望されました。

 

Before

 

◆提案のポイント◆

奥様のキッチンイメージを確認すると

・レイアウト変更でL型からI型の対面キッチンに

・腰壁とカウンターを造作

・リビング側の腰壁には

 ちょっとした小物を飾る"飾り棚"が欲しい

 ↑ ご希望のキッチンイメージ

 

 

腰壁を造作して

カウンターを設置して

ニッチ (掘り込み型の収納) をつくって

クロスを貼って…となると

コストも上がり、スペースも必要になります。

 

 

レイアウトの変更をして

対面キッチンにするのなら…

いっそのこと『ペニンシュラ型』にしたら

いかがでしょうか とご提案。

※ペニンシュラ型=キッチン本体の左右どちらかが

 壁に接している対面式キッチン

 

↑  ペニンシュラ型 スリムタイプ(奥行80cm)

 

 

奥様のキッチンのご希望機種は

タカラスタンダードのレミュー。

レミューはホーロー製なので 天板以外は

好きなところにマグネットが使えます。

 

 

ホーローバネルは清掃性も良く

マグネット対応の棚をくっつけて

小物を飾ることもできるし 収納にも便利。

スペースも考慮して スリムタイプの

ペニンシュラ型の採用となりました。

 

 

 

 

 

◆こだわりのポイント◆

リビング側のホーローパネルには

コンセントの設置をご希望されました。

このコンセントは朝食準備の際に使用。

朝はトースターとコーヒーメーカーを

ダイニングテーブルに移動して

焼きたてのパンと淹れたての珈琲を座って楽しむ。

これなら キッチンとダイニングテーブルを

バタバタと往復しなくても済みますね。

朝からゆったりと過ごす

お洒落なご夫婦の光景が目に浮かびます。

 

 

目立ちにくい家具用コンセントを使用。

コードが邪魔にならないように

ダイニングテーブルの上に設置。

After

 

 

 

キッチンとリビングの間にあった

吊戸棚を撤去したことで

グンと視界が広がりました。

Before

 

明るくなって 解放感もすごいです。

キッチンに立つと

気持ちまで明るくなりそう ☘

 

After

 

 

ご主人からは「変わるもんだなぁ」

奥様にも「こんなに変わると思わなかった」

と何度も仰っていただきました。

リフォームをする前は想像もできなかった

本当にリフォームをして良かったと

ご満足いただけたお声が聞けて

こちらも嬉しく思います。

 

Before

After

 

 

 

 

そんなご夫婦も

キッチンのリフォームをしてから

ひとつだけ『どうしよう』と思うことがあるそうで…。

「夫婦喧嘩をした時ね」とご主人。

 

以前のキッチンが壁に面していたこと、

リビングとの境に吊戸棚もあったことから

"死角"が多く 気配は感じても

お互いにバッチリ顔が見えない様に

過ごすことができたそう。

 

Before

After

 

新しいキッチンは全体的にオープン仕様。

レンジフードのオイルガードもクリア。

リビングからも良く見えるので

「今後 喧嘩した時はどうしようかな。

 気まずいよね~。」

とお二人共 笑顔で仰っていました。

 

After

 

 

 

オンライン相談
受付中

トップへ戻る